この通信講座では…

  • ルアー名手、山本典史のシーバス連釣テクニックを特別公開!
  • "凄い"ルアーテクニックの数々を、お見逃しなく!
  • ネット情報や釣り雑誌では決して手に入らない、プロの生の講座!
  • 初心者から中級者まで納得の、一歩踏み込んだコアな攻略法!
  • 時合いを見極め、ポイントを推測する頭脳を養い、ランカーゲットも可能!
  • 釣れない時にセレクトするルアーと、その戦術とは!?
  • "自分でポイントを探せる"アングラーに成長できます!
  • ランカーサイズを釣り上げる秘密のテクニック!

このように、あなたのシーバス釣りを飛躍させるテクニックやノウハウを学べるのです。

シーバス釣りこれから始めたいという、あなた。
シーバス釣りなかなか上達できないという、あなた。

そんなあなたが、これから最高のゲームを楽しむための、
極上のシーバス釣り講座』をご用意しました。

釣り雑誌や釣り番組で見るような、豪快なフィッシング。

あんな風に、ランカーを釣ってみたい

…そんな夢を見ても、現実に自分一人の力でスタートするのは、ちょっと大変ですよね。

釣りに限らず、囲碁、将棋、チェス…どんなゲームでも、うまくなるための近道は「名人」に教わることです。

独学でもある程度の段階までいけますが、我流の変なクセがついてしまったり、
余分なお金を費やしてしまったり、何よりも貴重な時間をたくさん無駄にしてしまいます。

ここであなたにご用意した講座は、
プロの確かなテクニックを格安でご提供、最短でランカーを釣れるアングラーになれる
というコンセプトで公開しております。

いい釣り具を買うだけでは、いい釣りができません。

釣れない釣りは、辛いもの。

最高のゲームを追い求めるなら、まずはプロが指導するテクニックを知るべきです。

フレキシブルな思考が必要なシーバス釣りだからこそ、『プロの経験とノウハウ』が生きてきます。

まずは、あなたに最高のゲーム作りを教えてくれる、プロの話を聞いて下さい。

はじめまして。
大手釣り総合メーカー、「ダイワ」でフィールドスタッフをしている山本 典史と申します。

僕の仕事はダイワ製の釣り具をフィールドで実際に使用して、使いやすさのチェックをしたり、
改良すべき点を会社にフィードバックすることです。

さらに、釣りで得た情報をデータ化して報告しています。

プロフィール画像
山本典史

山本典史

ダイワ フィールドスタッフ

【活動場所】 南紀(紀州)
【実績】 スズキ(マルスズキ)97cm、
ヒラスズキ91.7cm

※音声が出ますので、ボリュームを確認して再生ボタンをクリックして下さい。

タックル、ポイント、天候、シーバスを釣るための条件を知り尽くしたシーバスハンター。

少しの手間を惜しまないことが、後のトラブル回避につながる、というスタイルは、
初心者にこそぜひとも真似をしてもらいたい。

地の利を活かして紀州のランカー釣り場を釣り歩くフットワークの軽さは定評がある。

僕は基本的に欲張りな人間なので、ルアーでいけるものなら、何でも釣ってしまいます。

種類を問わずにガンガン釣っているものですから、いつの間にか、「紀州のマルチアングラー」
と呼ばれるようになっていました。

僕としては、釣りたいものを釣っていただけなんですけれどね。

シーバスだけではなく、メバル、エギング…何でもいけますね。
ルアーの使い方さえ極めていれば、どんな種類の魚でも釣れるようになれますよ。

シーバス釣りにおいて鍵になってくれるのは、やはり「ルアーの使い方です。

ここがなっていないと、はっきり言って釣れません。

特に、シーバスって捕食が下手クソな魚なので、こっちの方から上手く食わせてやらないといけないんですね。

いかにルアーの動きでシーバスを引きつけて食わせるか

これが、ポイントになります。

僕はフィールドスタッフ、という立場上、ダイワから
『この釣り具をこれこれの場所で使用し、性能をチェックしてほしい』
というミッションを随時受けています。

言わば、車だったらテストドライバーだろうし、飛行機だったらテストパイロットというところです。

僕は釣りを心から愛し、一生を釣りに捧げているくらいに打ち込んでいますが、フィールドスタッフである以上、
遊びではないし、メーカーが納得するフィードバック内容とデータを取り、報告する義務があります。

ですから毎回の釣りが真剣勝負ですし、時には過酷な釣行になることもあります。

でも、だからこそ、その経験とデータは僕の中で蓄積され続けているし、
『こうすればあなたが釣れるようになります』と自信を持って言える裏付けがあるんです。

僕はこれまでに数々のミッションをこなし、満足のいく実績を挙げてきました。

そして、今回僕に与えられたミッションは、

あなたにシーバス釣りの基本をすべて身につけてもらい、
 ランカーを仕留める攻略法を知ってもらうこと

…です。

100cm近いランカーを僕は釣り上げていますが、このサイズを仕留めるには確かな技術がないと難しいです。

ですがこのたび僕は、初心者クラスのアングラーであっても
「ランカーサイズが釣れる」テクニックを公開することにしました。

プロにとって、極秘の釣りテクを公開することは、奇術師がタネ明かしをしてしまうくらい痛いことです。

それをなぜ公開してしまうのかと言うと、それは・・・『常に全力のアングラーで在りたいから』にほかなりません。

僕は与えられたミッションには全力でぶつかり、期待に120%応える成果を出していく主義だからです。

プロである以上、僕は釣りで常に成果を出し続けなければなりません。
多くの優秀なアングラーがいますが、釣りを仕事にしている人はごく一握りです。

それと言うのも、釣りの高度なテクニックが要求されるだけではなく、「毎回、成果を挙げなければならない」という
プレッシャーは想像を絶するものですし、そうでなければ淘汰されてしまうほど、この業界は厳しいからです。

僕がそこで生き残っているのは、
「全力で釣りに打ち込み、結果を出し、実績を積み上げ続けているから」です。

そして今回も僕は、『全力で』あなたにシーバス釣りを教えます

だから、今もしあなたが、

『アタリが来なくてボウズで、心が折れそうな人』だったり、
『何百回キャストしてもルアーが全然動いてくれない人』であるとか、
『どこから何をどうしたらいいのかサッパリな人』であっても、

僕についてきて下さい。

シーバスを釣るために初心者が何を押さえておくべきか
そしてルアーを自在に動かす方法や、どうやってランカーを釣り上げるのか、すべて一挙公開します。

講座はDVDの映像とマニュアルで、初めはセミナー的に、頭でシーバス釣りの内容を理解してもらいます。

そして、その後は映像で目で見てもらいながら、僕のテクニックを盗んで下さい。

しかも、この講座の特徴として、ただ単に「こうすれば釣れますよ」という安易なものではなく、
あなた自身が実際のフィールドで季節ごとのシーバスの居場所が予測でき、潮の流れを読んで活性が
高いかどうか、さらにどのルアーで攻めていくべきか、などを的確に判断できるように構成
しています。

ですから、講座の終了後、あなたがフィールドに出て「何をすればいいのかわからない
という状態になることはありません。

フィールドや自然の状態に合わせて、どうすればいいのか、あなた自身で判断できる
ようになるので、たとえ異なるフィールドに行く場合でも安定した釣果を狙うことができます。

僕自身、仕事で様々なフィールドでトライすることがありますが、
シーバスの活性が悪いときでも安定した釣果を残してきました

それはシーバスの習性を熟知し、常にシーバスがいるポイントを探り当てることができるからこそなのです。

この僕のテクニックを体系化し、初心者からベテランまで、しっかりと基礎から学んで頂ける講座を作りました。

正直、ここまで僕のテクニックを盛り込んだ講座は、今回が初めてです。

シーバスをターゲットに教えていきますが、ルアーの動きなどは、ほかの魚でも応用できるので、
僕のようなマルチアングラーを目指している方にとっても必見の内容になっています。

以下に、あなたがこの講座から学べることを掲載しますので、じっくりと読んでみて下さい。


ミッション1.シーバスの生態と基本を覚える

「第1章 シーバスの生態について」では、あなたにシーバスの生態と基本を覚えて頂きます。

中級者を自認しているアングラーでも、そこから上に行けない人は
シーバスの生態や習性を案外わかっていないことが原因のようです。

魚の生態や習性がわかっていれば、

この時期なら潮の変化のあるところにいるはず。
そしてここのフィールドは潮目があのあたりだ
 と、計算できます。

僕の場合、行くフィールドのクセもすっかり頭の中に入っていますから、釣れる時間帯までわかります。

先日も、思いつきでナイトゲームに行ったところ、ポイントに到着して
5分もかからずにランカーサイズがヒット、サックリと釣れてしまいました。

これも「運」とか「タイミングが良かった」というわけではなく、すべて「計算通り」なんです。

シーバスのようなゲームフィッシングでは、このような計算ができるかどうかが
「釣れる人、釣れない人」の分かれ道
になっていますね。

計算、と言っても数字の足し算、引き算とは違いますから、
シーバスのことをどれだけわかっているかどうかにかかっています。

考えればおわかりだと思いますが、シーバスがまったくいないポイントに
何度キャストしても空振りに終わるのは当然のことです。

はじめにシーバスがいるポイントを見抜くことが、釣るためにまず覚えなければならない技術です。

逆に言えば、シーバスが溜まっているポイントを選択できれば、「入れ食い状態」になってもおかしくはないのです。

これがわかっていれば、あなたが選んだフィールドにおいて、どの時間帯どんな仕掛けが有効で
どのルアーに食いつきどこに身を潜めているのか、その日の状態を推理できるのです。

ですから、ここの章ではあなたにシーバスのことを熟知してもらい、
僕のように計算通りにシーバスを釣れるようになるための下知識を手に入れてもらいます。


第1章 シーバスの生態について

ミッション2.釣り具の選び方とタックルを学ぶ

次に、第2章では道具とタックルについて学んで頂きます。

ここでは初期投資をできるだけ抑えつつ、予算の範囲内で最高のものを選ぶ目を養ってもらいます。

僕はダイワのスタッフなので、ダイワ贔屓の案内になっている部分はありますが、『モノは最高』と断言できます。

なぜなら、僕自身が製品を何度もテストし、辛口のフィードバックを何度も重ねて
試行錯誤のうえで開発されているものだからです。

たとえば、ダイワのあるPEラインは高価ですが、
『強度・感度・使用感、三拍子が揃って最高!』と言えるものがあります。

しかも0.3号という細さです。
他メーカーで出ているものでは、「ランカーサイズが来たら、切られてしまう」細さです。

ですが、このラインを使用するようになってから、僕の釣りは激変してしまい、
とんでもないサイズのランカーを、山のように釣ることができました。

僕の場合、道具選びは価格でもデザインでもなく、ズバリ「使用感」です。

使っていて違和感を感じるようなものを無理して使用していると、やはり釣果に影響がでます。

高価なものはそれなりの性能はありますが、だからと言って欠点がないわけでもありません。

あなたが初心者の場合、懐具合と相談しつつ、釣り具の長所と短所を考慮しながら道具を選ぶ必要があります。

それでも、どんな優秀な道具を手にしても、購入したその日からプロ並みに使いこなす、
というのはちょっと無理な話です。

アングラーの中にはこれだけルアーを揃えたのだから、釣れないわけがない!
と勘違いされて、ルアーをずらりと揃えるだけのコレクターになっている人も少なくありません。

タックルを使いこなすには、あなた自身がそのタックルに愛着を持ち、
道具の力を信じて使いこなせるようになることが一番の近道です。

ですから、ルアーを一つ選ぶにしても、宣伝に惑わされず、自分がそのルアーに惚れ込んで、
どんなアクションを加えればシーバスが食いついてくるのか、試しながらルアーを成長させる必要があります。

このように書くと、ルアーが成長するなんてありえないと思われるかもしれませんが、実際にあなたが
自分で購入したルアーをじっくりと時間をかけて使い込んでいれば、僕の言葉がわかる時が来ると思います。

ルアーを成長させることは手間も労力もかかりますが、ルアーの成長と共に、あなたの実力も成長しています。

あなたが100%そのタックルを使いこなせる日がやってくれば、自分の身体の
延長線上にあるように、ほんのわずかな変化もグリップから感じ取れるようになるはずです。

タックルがただの「道具」ではなく、あなたの手足と同じように感覚を感じ取れるようになれれば、
もう初心者ではありません。

僕がこの章でご案内する内容は、右も左もわからない、と言う人であれば、
僕がお勧めのものは全部買っておいて下さいというものです。

そしてある程度道具を揃えてしまっている方であれば、僕が教える道具の長所と短所を参考に、
今のあなたのフィッシング・スタイルにとってどれが一番適しているのか、参考にして下さい。

道具は、あなたが使いこなせたそのとき、その真価を発揮してくれます。
あなた自身が、道具の能力を引き出すんですよ。

あなたにとって使いやすい、信頼できるタックルができあがれば、後は釣り場の条件とあなたの腕次第です。


第2章 シーバスフィッシングのタックル・装備について

シーバスフィッシングのタックル基礎知識(総則)

ロッドについて

  • ・長さ、投げやすさ、素材、パワーなどを解説

リールについて

  • ドラグ調整方法などを中心に解説

ライン(道糸)について

  • PE・フロロ・ナイロンのそれぞれの長所と短所
    ラインの撒き方・交換のタイミングなどを中心に解説

リーダーについて

あると便利な小道具 

服装 

  • フローティングベスト、靴、偏光グラス等

ミッション3.ルアーを自由自在に操るために

さて、第3章ではお待ちかねのルアーについて講義します。

ルアーについて語り出したら、僕は止まりませんから、ほどほどでストップしなくてはいけないですね。

いろいろな色形、性能を備えたルアーがたくさん売っていますから、
初心者さんなんかは単に色が綺麗だからとかで買ってしまうかもしれません。

僕自身、ルアーを見ているとあれもこれも欲しくなってしまいますが、
最後に落ち着くのは、僕は土壇場でこのルアーを信頼できるだろうかっていう1点です。

信頼というのは基本的に、どれだけ自分を助けてくれたのか、という実績を積み重ねて
できあがっていくものですので、結局使ってみなければわからないものではあるんですが、
僕の場合は大事なゲームで今日はショートバイトばっかりやんか…と折れそうになった
ときに使う貴重な1本というのがあって、すごく助けられていますね。

精神的にもこれがあれば、とにかく大丈夫みたいなのが。

不思議なことに、僕が信頼しているルアーは、いつも『ええ仕事』をしてくれます。
ルアーが信頼に応えてくれるんです。

どのメーカーのこれがいいっていう次元ではなく、使い込んでいるうちに、
『自分だけの最強の武器』に育ってくれるんですね。

だからあなたにも僕が持っているような、『自分だけのルアー』を育てて欲しいと思います。

そして、ルアーの性能を最大限に発揮させるには、まずラインの結び方をしっかりと覚えて欲しいですね。

ラインの結び方がいいかげんだと、せっかくヒットしてもラインブレイクで逃げられたりして、
がっかりする結果になりますから。

地味な作業ですが、それほど難しいものではありません。

通信講座では、僕が映像で簡単な結び方から、がっちりとした切れない結び方まで実演してお見せします
から、ここは必ずマスターしておいて下さい。

もちろん、各ルアーの特性と使い方についてもしっかりと解説していきますよ。

フッキング力最高のルアーや、活性の低いショートバイトでも勝手にかかってくれるようなルアーもあります。

アイテム選びもアングラーのテクニックの一つですので、どのルアーをどこで使うべきか
頭の中に叩き込んで下さい。

いいところばかりではなく、ルアーが持ち合わせている欠点も挙げますので、
「どのシチュエーションで使用するのか」というイメージを描きながら、
自分が納得できるルアー選びをしてみるといいと思います。

すべてのシチュエーションで活躍してくれるルアーをデフォルトに、特殊な状況で威力を出してくれるルアーを
控えに、そしてここぞ!というときの必釣ルアーをしのばせておけば、釣果アップ間違いなしです!


第3・4章 ルアーについて

ラインの結び方(実演)

  • 電車結び
  • FGノット

それぞれの特性と使い方

  • ミノープラグ
  • バイブレーション ほか

ミッション4.キャスト、ルアーアクションからフッキングを自由自在に

第5章こそが、僕があなたに最も見てもらいたい部分です。

まず、キャストは基本的な投げ方から、応用編に移ります。

投げるときの糸の押さえ方とか、細かいところまで指導していきますので、注目して見ておいて下さいね。

そして、シーバスを釣りたい人だけじゃなく、僕のルアー使いを知りたい人もいらっしゃると思うんですが、
凄い威力のあるルアーアクションもバッチリお見せしますので、目をパッチリと開けて映像を焼き付けて下さい。

ルアーの特性に合わせたアクションですので、現場で思いっきり役に立ってくれるし、
自分の思惑通りにシーバスを誘導できたら、ホントに面白いですよ。

ルアーの動きを追って、シーバスの黒い影が水の中で動いているのが見えますが、
思い通りに魚が動いてくれると、よっしゃ! そこで食いつけ!と心の中で
叫んだ瞬間に、ちゃんとルアーに食いつくんですよ。

あのワクワク感っていうのは、釣りばっかりしている僕でも、ゾクゾクしますね。
この一瞬がたまらないから、釣りってやめられないし、中毒になってしまうんです。

いい釣りができた日は楽しいし、「遊んで仕事しているみたいで、悪いなあ!
なんて思っちゃいます。

あ、この発言はメーカーには内緒に…。

せっかく高価で性能のいいルアーを買っても、
有効なアクションを与えてあげなかったらただのガラクタになってしまいます。

たとえば、リーリング一つとっても、1秒間に1回転と2回転とではまったく違うんですね。

デイゲームとナイトゲームでシーバスの活性は違うから巻き方も速め、遅め、というのがあります。

最初はうまく動かせなくても、ルアーフィッシングは何百回もキャストする釣りですから、
やってるうちにどんどん上手くなります。

そしてルアーチェンジもすばやく行えるようになると、釣果が変わってきます。

使用しているルアーで反応が全然ないときは、ルアーチェンジをすることが
セオリーになっていますが、その際に選ぶルアーの種類にも頭を使いますね。

自由自在にルアーを動かせるようになったら、ルアーが生き物みたいに見えてくるし、釣りが楽しくなります。

フッキングについても併せて解説していますが、「ここが苦手」という方も結構いますね。

なんでかと言うと、アワセのタイミングが早すぎる人が多いからです。

講座では映像で、バラさないフッキング方法を教えます。

ここも逃せない大事なポイントなので、集中力を途切らせず、シーバスの口に針をガッツリかけましょう。

あと、ルアーとフッキングを制したら今度は やり取りと取り込みですね。

何事も、終わりが肝心です。
ここをクリアして、初めてゲームをフィニッシュできます。

ここで要求されるのは、とても繊細なアクションです。

ちょっと気を抜くとラインブレイクされたり、バラシをやってしまいますので、集中力が必要です。

初心者の方は特に、「アタリが来た!」と慌ててしまい、冷静さを失ってゴリ巻きして
しまいがちですが、あまりやり過ぎるとラインブレイクを起こします。

たまに、「ゴリ巻きしかできません。それでも、釣れています」という方もいるにはいますが…。

小さいサイズのシーバスであれば、パワー一辺倒のゴリ巻きでも釣り上げることはできますが、
ランカーサイズに対しては通用しません。

あなたがもし「ランカーを釣り上げたい」という希望を抱いているのであれば、ゴリ巻きだけではなく、
ドラグを調整して泳がせるなど、様々なアクションを身につけるようにして下さい。

磯ゲームでは、サラシの切れ目に潜んでいるヒラ(ヒラスズキ)がバイトの瞬間丸見えでドキドキします。

波の状態が荒れ気味だと、自分の安全確保をしながら、冷静にやり取りと取り込みをするので、
脳が同時並行で動いている感じがしますね。

バイトの瞬間からググッと海中にルアーが加速しながら沈んで、エラ洗いにはラインを張りながら気をつけます。

そして狙い通りに引き上げて、パーフェクトでキャッチ!

後はリリースしてやるか、血抜きしてお持ち帰りするだけです。

僕の場合は常に90cm以上のランカーを目標にしています。

このサイズになると、片手で持ち上げるのはしんどいです。

ランカーとのファイティングは、本当に激しいものですよ。
たぶん、初めて釣ったときには息が切れそうになっていると思います。

でも、ランカーサイズが釣れると、自然にみんな、笑顔になりますね。

あの達成感は素晴らしいものです。

ランカーを釣るためのコツタックルも公開していますから、ランカーを狙いたい人は
この章で、一連のやりとりを体系化して公開している内容を参考にして下さい。

独特のシーバスのパターンやどう攻めていくのかを案内していますので、自分のものにして下さい。

僕の釣りテクでランカーが釣れたら、自分を褒めてあげて下さいね。


第5章 シーバスフィッシング実践テクニック

キャスト

  • 基本的な投げ方
  • 応用的な投げ方
  • たらしの長さは?
  • 投げる時の糸を押さえる指はどうする?

アクション

  • アクションの付け方

フッキング

  • 食ってきた時、どのようなフッキングが最もバラシにくいか

やり取りと取り込み

  • 引き寄せてくる時の注意点
  • 取り込み時の注意点
  • ラインチェック

ミッション5.シーバスのいるポイントを狙い撃ち!

第6章はですね…ここも大事です。
と、言っても、大事じゃない部分なんてありませんけれどもね。

シーバスがいるポイントを狙い撃ちできるようになれば、キャストしてすぐにガツーン、とかかってくれます。

ポイントがわかるようになれば、本当にゲーム感覚になりますよ。

ポイントを探り出すという作業は、実は手探りなんですよね。

たとえば、障害物の陰に潜んでいる確率は高いけれども、生き物だから
100%そこを狙えばいるというものではないです。

テレビゲームのように、自然の中では思うままにならないけれども、だからこそ、楽しいとも言えます。

自分が訪れるフィールドで、『確率が高そうな場所』から順にキャストしてアタリを狙っていくんですよ。

または、ルアーをチェンジしたりね。

初めてのフィールドであれば、ポイントを一つ一つ、開拓していくような気分です。

そのうちに、『ここにキャストすればほぼヒットする』というポイントが見つかりますから、
そこで初めて本格的に攻めていくんです。

そして釣れるたびにそのデータを蓄積して、自分の中でパターンを作ります。
そのパターン化を行うことによって偶然ではなく、必然で釣ることができるようになります。

僕は常々思っているのですが、
ルアーフィッシングは、情熱と理性、そしてデータと経験ということです。

これらをバランス良く持ち合わせることで、優秀なアングラーに成長できると考えています。

あとは、釣れた後も気が抜けません。

連発でヒットした後は、少しずつ反応が悪くなるものです。

でもそこでアクションを変えると、また連発ヒットが来たりします。

アクションだけではなくて、潮の流れにも注意が必要ですよ。

潮の流れがあるほど、シーバスの活性は高まりますから、流れを見極めてキャストするといいですね。

上げ潮の攻め方、下げ潮の攻め方なども一緒に覚えて頂きたいです。

ベイトフィッシュも水の流れのいいところや変化のある場所を泳いでいるので、
シーバスはベイトを追って回遊しています。

だからベイトを探り当てることも、シーバスの位置を当てる重要なてがかりになります。

僕の場合は、カモメが魚を狙っているな、と思ったらそこに注意しますね。

この章では、障害物の周辺や流れの強い橋脚の陰、サラシの下などのごく一般的な狙い目から、
僕が普段どういう風にシーバスのいるポイントを探り出しているかについて詳しく解説していきます。

これを見て頂ければ、あなたがフィールドに立った瞬間から、頭の中の計算機が回転し始めます。

すでに知っているフィールドなら、夜、フトンに入ってからフィールドの地形や潮の満ち引きの時間帯、
風向きや風の強さ、ベイトの行方など、頭の中でバーチャルゲームが始まってしまうはずです。

そして頭の中のシミュレーションを実証するために、現場ではキャストあるのみです。

シミュレーション通りなら、爆釣も間違いなしですね。


第6章 シーバスがいそうなポイントと狙い方

ミッション6.一歩踏み込んだテクニックを公開!

第7章では、みなさんが知りたいであろう、僕がもっているコアな情報を公開します。
言い換えれば、「一歩踏み込んだテクニック」ですね。

春夏秋冬を考えて釣ること自体は珍しい情報ではありませんが、僕が独自に蓄積したデータと経験から、
季節に合わせたオリジナルの攻略法
というものがあるので、それをこの講座でだけお教えします。

シーバス釣りでは、季節によって時合いが変わっていきますので、それに対応したコツやテクニックが必要です。

時合いが悪いと、何度キャストしても釣れないから、長くて辛い一日になってしまいますよね。

でも、あらかじめ季節ごとのシーバスの動きや、その時期のシーバスが好むことをわかっていれば
安定した釣果を得られます。

そしてここでは、その一歩踏み込んだテクニックを使用して、
シーバスに対して多様なアプローチで攻撃的なゲームを展開していきます

手堅くミノーで攻めるのも悪くはありませんが、産卵時期であれば小物ではなく、
プリプリのランカーを狙うのもすごく面白いゲームになります。

もし産卵時期を逃してしまったのであれば、あえて定番の狙い目ポイントを外して、
パターンを変えて釣ることもすごく有効です。

試行錯誤しながらやる釣りは、大変ではありますが、逆にそれだけヒットしたときの興奮が倍増します。

回遊ルートを探り当てたときは、最高の気分になれますよ。

そこに少しトリッキーなアクションやリトリーブのスピードを調整してやると、
ピンピンのシーバスがヒットしてくれます。

ランカーを狙うとなると、ある程度パワーゲームになってくるため、タックルもそれに合わせて
強靭なものを選ぶ必要があります。

状況に応じてルアーを絞り込んでいったり、もっとシーバスにアピールするものをセレクトしてもうまくいきますね。

レンジも変えてやると、いいと思います。

このような中級者以上向けのマル秘テクをお教えしていきますので、
ランカーを確実にランディングに持ち込む、エキサイティングなゲームフィッシングが、あなたを待っています。


第7章 シーバス攻略ポイント


以上、僕が講座であなたに教える内容についてご案内しました。


プロフィール画像
森永誠

森永 誠(もりなが まこと) 釣り総合プロデューサー

泉州ハネ釣り研究会 顧問、全日本サーフ大阪協会 サーフ和 顧問

日本初の釣り週刊誌「週刊釣りサンデー」編集部員で25年在籍。

週刊誌廃刊後フリーとなり雑誌、新聞、テレビ、ラジオなど各メディアで活躍。
サンケイスポーツ、日刊ゲンダイ、週刊つりニュースなどで執筆中。 

釣りだけでなくボランティアにも積極的に参加。

『実践から得た知識ばかり』


※音声が出ますので、ボリュームを確認して再生ボタンをクリックして下さい。

さすがは山本さんです。

私もシーバスをしますが、教えられることばかりでした。

実践から得た知識ばかりですので、得られることが多いのでしょう。

ぜひ勉強して頂いて、山本さんに一歩でも近づけるように頑張ってみて下さい!

この講座は今回が初の公式リリースとなりますが、僕はあらかじめ講座を公開する前に人数を限定して反応を
見て欲しい、と販売会社さんにお願いし、先行販売という形で限定数の方に先に講座を受講して頂きました。

ですから、実はもうすでに、あなたより先に本講座を受講された方たちがいます。

その方たちの反応から、「この講座を公開しても大丈夫だ」という確信ができたため、公式にリリースをしたのです。

ありがたいことに、講座をすでに受講された方たちから、

教えてもらったテクニックでランカーサイズが釣れた!
初心者にとてもわかりやすい内容だった
こんなすごいノウハウを公開してしまって大丈夫ですか!?

という、たくさんの好意的な反応を頂くことができました。

次に、受講者の喜びの声を聞いてみて下さい。


本講座を受講された方たちから、ランカーを釣り、爆釣を楽しまれているとのメッセージが続々と届いております。

初心者からベテランの方まで。

名手のテクニックで、あなたもシーバスの魅力を存分に堪能してみて下さい!

ボウズ、ボウズの自分がイヤに。今ではランカーが爆釣!

この講座を受講する前は、ほんっとうに
『ボウズ、ボウズ、ボウズ』の記録を
打ち立てていました。

何百回キャストしても全滅。
空振りの連続です。
恥ずかしくって、同じ釣り場には顔を
出せないくらい釣れませんでした。

今思い出しても、嫌な思い出です。

何百回もキャストしているのに全然アタリが
来ない、誰も何も言っていないのに、『アイツ、よく見るけど、一回も釣ってないよな』
なんて幻聴が聞こえてくるくらい精神的に追いつめられていました。

釣りをやめてしまえば、なんてことないのですが、ルアー、ライン、ロッド。
メーカーのもの一式揃えてしまっていたので、投資した費用のことを思えば、
ボウズのまま引っ込めません。

「こんなに釣れないからには、たぶん自分は基本ができていないに違いない」そう思った
ので、基礎からみっちり教えてくれるようなシーバス講座を探し、この講座を受けました。

講座では初心者向けにがっちりと基礎から解説されていたし、ルアーについても色々な
アクションを丁寧に教えてくれたので、自分が勘違いしていたことを多数発見し、
直すことができました。

そして一番役に立ったのが、ポイントの見つけ方です。

今までの僕の釣り方を振り返ると、かなり適当にポイントを選んでキャストしていました。
シーバスのいないところに何百回投げたところで無駄だったんですね。

受講後はポイントがわかるようになったので、アタリを安定して取れるようになりました。

おかげで受講後の初の釣りでは、念願のシーバス初ゲット!
しかも3匹も釣れてしまったんですよ。
ボウズ続きだった僕にしてみれば、信じられません。
次の目標はランカーサイズのゲットです。
この講座に出会えて、本当に良かった。

ありがとうございました!


「プロの技ってすごい!」ランカーが釣れて感激しました!

シーバスフィッシングでそれなりの釣果を
あげてはいましたが、未だかつてランカーを
釣り上げたことはありませんでした。

ランカーサイズと思われるシーバスのアタリ
が来ても、フッキングからランディングまで
が上手くいかず、バラシてしまうのです。

今回、講座の中で「ランカーを仕留める
コツ」が公開されているということ
でしたので、早速申し込んでみました。

まさか、あのラインでランカーが釣れるなんて。

それに、ルアーアクションも、見事としか言いようがないですね。

「プロの技ってすごい!」と心から感じました。

映像を見ながら、山本名手のルアーアクションを真似ていますが、まだまだです。

でも、シーバスのリアクションバイトが増え、アタリがどんどんくるようになりました。

「この調子なら、ランカーも釣れるかも」

そう思って、タックルを講座で説明されていた通りのランカー狙いのタックルに
変えました。

そしてランカーを狙うため、友人と一緒に近所の波止場に釣りに出たのですが、
とうとう80cm級のランカーを釣り上げることができました!

釣ったときは興奮ですごかったです。
陸に上げて手で持ち上げたときは、感激で手が震えてしまいました。

シーバスをこれから始めたい人がいたら、この講座は本当にお勧めです。

無駄な回り道をせず、正しいプロのテクニックが身につくと思います。


初心者でもこんなに楽しめるシーバスに夢中!

「超ド級」がつくくらいの初心者です。

それでもシーバスを釣ってみたくて、「初心
者でも基礎からきちんと学べる」という
この講座に申し込みをさせて頂きました。

釣り具もどこからどう揃えて良いか
わからず、講座で山本先生が勧めている
ものを、そのまま購入しました。

「釣れなかったら、どうしようかな…」
そんなことを思ったりしましたが、
とりあえず講座で知識をつけておけば大丈夫だろうと思い、3回ほど繰り返し映像を
視聴して、書き起こしマニュアルをじっくりと読んで学びました。

通信講座にも、釣り具にもそこそこお金をかけたし、自分にとっては結構痛い出費
でしたから、真剣に講座を学びました。

おかげで、実際の釣り場では自分の手でタックルを作ることもできたし、状況に合わせて
ルアーチェンジもちゃんとできました。

本当に基礎からきちんと教えてくれるから、このような講座なら初心者でもすぐに
覚えられると思いました。

キャストはまだまだ下手クソなんですが、これも後は練習次第だと思っています。

ぎこちない釣りではあるんですが、ポイントを自分で探り当てられるので、アタリも
どんどん来るから、すごく楽しかったです!

フッキングもまだ苦手で、しばしば逃がしてしまうのですが、初めての釣りで2匹、
50cmほどのシーバスを釣ることができました。

こんな私みたいな初心者でもちゃんとゲームを楽しめたのは、講座でしっかりとした
基礎とテクニックを学べたおかげです。

これからもっと釣れるように頑張ります!


「ありえない釣果!」ランカーがザクザク釣れてます!

講座を受けてから釣行に出ましたが、
「ありえへんぐらいガンガン釣れる!」
と叫んでしまいました。

これまではちょびちょびしか釣れなかった
ですけど、ポイントを講座で教えてもらった
通りに狙うと、シーバスがうようよおって、
そこにキャストするだけでランカー級が
ガンガン釣れました。

小さいのでもフッコ級は釣れてます。

講座にお金払った甲斐がありました。

季節とかタイミングも良かったとは思いますが、ありえない釣果でした。

今度は彼女にカッコイイところ、見せようと思ってます。


…いかがでしょうか?

こんなにもたくさんのアングラーが、講座のテクニックを使用してシーバス釣りを楽しまれています。

受講者からの声で多かったのは、

基礎からきちんと学べるので良かった
ポイントを自分で見つけられるようになった
ランカーが初めて釣れた

というものです。

様々な地域からお便りが寄せられているので、フィールドに関わらず実践頂ける、確かなテクニックと言えるでしょう。

また、映像で学んで頂けることの利点としては、実地でなければ学びづらい
ラインの結び方フッキングのタイミングなどです。

これはいくら文字や口で説明してもピンとくるものではありません。

「百聞は、一見にしかず」と言うように、実際に目で見てこそ、学べる技術というものがやはりあるのです。

以下に、本講座の魅力の一端を掲載致します。


  • キャスティングがとても上手くなる!
  • どこのポイントを狙えばいいのかわかるようになる!
  • ランカーサイズの連釣を狙える!
  • アタリが来ても、バラさなくなる!
  • アタリをきちんと見分けられるようになる!
  • 仕掛けの作り方がバッチリわかる!
  • ルアーを自由自在に操れる!
  • シーバスを狙い通りに泳がせられる!
  • 釣れるパターンを推理できるようになれる!
  • クールなバサーとして注目を浴びる!
  • 釣り友に差をつけられる!
  • プロの釣りテクを使えるようになる!
  • 釣れまくってどんどん釣りが楽しくなる!
  • 春夏秋冬、オールシーズンの釣り方がわかる!
  • どのルアーを使えばいいのかすぐにわかる!
  • 毎回、安定した釣果をゲットできる!
  • ポイントを試行錯誤することが楽しみに変わる!
  • 爆釣して、バサー仲間を悔しがらせてしまう!
  • もっとエキサイトするゲームになる!
  • シーバスがあなたのテクにアッサリ騙されてしまう!
  • 初心者でも自分でタックルを作ってザクザク釣れる!
  • 自分だけの最強ルアーを育てられる!
  • ボウズを抜け出し、釣りの本当の喜びを味わえる!
  • 切れない結び方でラインを結べる!
  • 周りが釣っていなくても、自分だけ爆釣!
  • シーバスが、『今どこで何をしている』かがわかる!
  • フィールドのクセをつかめるようになる!
  • 「毎回、釣っているゼ」と周囲に自慢できる釣果ゲット!
  • マナーを身につけ、尊敬される振る舞いができる!
  • すれっからしのシーバスでもヒットできる!
  • フッキングからランディングもスムーズに!
  • 釣れないときでも、クールに対処できる!
  • ベイトの位置を推理できるようになる!
  • ゲームフィッシングの醍醐味を味わえる!
  • 講座を見ていない人が知らない釣りテクを使える!
  • 確実にランディングに持っていける!

…あなたがもし、本講座を受講された場合、以上のようなことが可能になるのです。

「善は急げ」ではありませんが、スタートが早い方ほど、テクニックを素早く身につけ、
満足のいく釣果をあげられています

成功を手にする人の特徴として、「実行力がある」という方が多いようです。

そして、厳しいようですが、行動力のない人の未来はなかなか開けないものです。

迷って実践できないアングラーの行く末はと言うと…


行動しないアングラーに待っている未来は…

  • いい道具を買ったが、いい釣りができない…
  • 興味があるだけで、結局一匹も釣れずに終わってしまう…
  • 万年ボウズで釣る快感を得られない…
  • 自己流でいつまでたってもテクニックの向上を感じられない…
  • 自称「釣り名人」のウンチクにまどわされてしまう…
  • ルアーテクニックって何?という状態になる…
  • 根掛かりで毎回泣きどおしになる…
  • 実際の釣り場でどこを狙えばいいのかわからず、迷子になる…
  • 立派な道具を揃えたが、宝の持ち腐れになってしまう…
  • 釣れないポイントにばかりキャストしてしまう…
  • 警戒心の強いバスに逃げられる…
  • 「もう釣りは嫌!」と釣り嫌いになってしまう…
  • 釣り本をいくら読んでも頭に入らない…
  • 一人前のバサーどころか、タックルすら作れない…
  • キャストするたびに、どこかにひっかかってしまう…
  • ルアーの種類や水中での動きも全然わからない…
  • ラインを上手く結べず、いつもラインブレイク…
  • せっかくヒットしてもバラしてしまう…
  • タックルの作り方や道具の選び方がさっぱりわからない…
  • バサー仲間に「うっわー、ヘタクソ」と哀れまれる…
  • 釣れない自分が悔しくてたまらなくなる…
  • 自分だけなんで釣れないんだろう、と呆然としてしまう…
  • もうシーバスなんて名前を聞くのも嫌になる…
  • いつまでたってもビギナーのまま…
  • ネットや雑誌の釣り情報に踊らされてしまう…
  • 寒い海辺でボウズのまま、心も身体も冷たくなる…
  • ランカーサイズなんて宝くじに当たるようなものだ…
  • 安全確保を忘れて、危うく磯で溺れそうになった…
  • 季節ごとの釣り方の違いがわからない…
  • シーバスの習性を知っているつもりなだけで、役に立っていない…
  • コントロールが下手で、狙い通りにキャストできたことがない…
  • なんでシーバスがルアーに食いついてくれないのかわからない…
  • 取り込みが下手でいつもバラしてしまう…
  • 釣れないので、全然楽しくない…
  • 自分は釣りに向いていないのでは、と思い込んでしまう…

…こんな目には遭いたくないものですね。

釣れない人はしばしば、最後の項目の
自分は釣りに向いていないのでは、と思い込んでしまうことがあります。

釣れなかったことですっかり自信をなくし、マイナス思考に陥ってしまうのです。

しかし、釣りに『向き、不向き』なんて存在すると思いますか?

僕はそんなものは存在しないと思います。

釣れなければ、単に正しい基礎的なテクニックが身についていないだけです。

ですが、『釣れないタイプ』というのは、実はいます。

次の項目で、『釣れないタイプ』について考えてみますね。


あなたはどのタイプのアングラーですか?

僕は長年釣り場で過ごしていますから、色んなタイプの方を見ています。

そして…

釣れない人には「ある」共通点があるんですね。

簡単にタイプ別にすると、以下のようなタイプが当てはまります。

あなたは、どのタイプに近いでしょうか?

ちょっと考えてみて下さい。


釣れないタイプ1 : ルアーコレクターさん

「このルアーさえあれば、絶対釣れそう…」
そんな妄想を抱き、雑誌で勧められていれば買ってみたり、店頭で店員さんに
勧められればつい買ってしまい、という『ルアーコレクターさん』がいます。

もし、あなたが釣った魚の数よりもルアーの数が多ければ、『ルアーコレクターさん』です。

いろんなルアーを使いこなしている僕が言うのもナンですが、はっきり言って、
このタイプは伸びません。

確かに、季節やフィールド、状況に合わせてルアーチェンジすることは大事です。

ですが、ルアーの種類をたくさん集めている人ほど、自分が所有している
ルアーの価値や特徴をつかめていない人が多いのです。

適当にキャストしていても、ルアーはダメなんですね。

むしろ、「1本のルアーを極める」という気持ちで投げている人の方が、
ルアー使いがうまくなります。

講座では僕が自分のテクニックと経験を元に、「あなたのルアーをどう育てていくのか
についてしっかりと指導していますので、『ルアーコレクターさん』かもしれない方は
じっくりと見て、自分の持っているルアーを見直して下さい。



釣れないタイプ2 : 当てずっぽうタイプ

シーバス釣りが「ゲームフィッシングである」ことを理解していない人が、
このタイプの方ですね。

「釣りなんて、運と勘です!」と言う人は、ほとんどボウズになっています。

シーバスを釣るためには、季節や時間帯によるシーバスの活性、フィールドの特性
から導き出されるポイントの選定潮の流れを読むなど、「頭を使って推理する作業
が不可欠です。

しかしながら、何も考えずにひたすらキャスト、キャストを続けていても、
腕が痛くなって筋肉痛になるだけです(これではただの腕振り体操です)。

このタイプだと思われる方はまず、「頭を使わなければ、シーバスは絶対釣れない
ということを胸に刻んでおいて下さい。

釣れたとしてもまぐれ当たりのビギナーズラック。
次第に釣れなくて、つまらなくなってしまうはずです。

釣れている人は「運と勘」ではなく、「計算通り」で釣っています。

僕の場合は必ずフィールドの満潮、干潮の時刻を押さえ、釣れる時間帯やシーバスが
潜む確率の高いポイントを何ヶ所か事前に推理し、順番にキャストしていきます。

だからこそ、一投目でアタリを得ることも少なくないのです。

僕と一緒に釣行に出られた方は、僕がほんの数投でシーバスを釣り上げているのを見て、
ええ!?」と驚かれることもあります。

ですが、僕にとってはそれも「計算通り」。

釣れる場所をあらかじめ推理してキャストしているからこそ、ほんの数投でアタリが
来ても不思議はないのです。

僕の講座では現場でどのようにゲームを組み立てていくのか、理論的に説明しています
ので、受講後はあなた自身の頭でゲームを攻略する戦術を立てられるようになるはずです。



釣れないタイプ3 : 理屈っぽい自己流ゴーイングマイウェイタイプ

シーバス好きにはマニアックなタイプも多いですからね。

たとえば、語り出すと止まらないこんな方も…

『潮が動き始めたら、ルアーをカームからコモモに変更すると
いいんですよね。
それでもアタリが取れなかったらテクトロで。
完璧なルアーってのは理論上はないとは思うんですけど、
完璧じゃない良さもありますよね。

僕の場合はリップ取ってフックを大きくして改造してるんですけど、
アピールはなかなかなんですよ』

…何言ってるのか、わかりませんよね? ご本人以外は(笑)

経験則で、本人が行くフィールドではそれが有効かもしれませんが、決して確立された
セオリーではないし、ほかにいいテクニックがあったとしても、本人の自尊心と理屈で
目が曇っていて、結局受け入れないことが多いです。

それは、ちょっと違うんだけどなあ

僕はそう思っても、自信満々のご本人に向かってそれを言うのもはばかられて、
あえて黙っていることもあります。

やる気があるだけに、残念なタイプですね。

頭を使わなければ釣れないゲームフィッシングではあるのですが、頭を使い過ぎて
こんがらがってしまう人もいるようです。

理論的には間違っていない…釣れるはず
自分の腕に自信がある人ほど、理論の泥沼にはまってしまいます。

中級者でなかなか結果が出ない、という方は一度初心に帰って、僕の教える
テクニックを実践してみて下さい。

目からウロコがポロリですよ。


本講座を受講するメリットを再確認!


さて、色々と語らせて頂きましたが、通信講座をあなたが受講した場合のメリットを
簡単に再確認させて頂きますね。



釣りっていうのは本当はうまい人と一緒に行くと、急激に上達できるんですよね。

書籍では文字だけでなかなか身につきません。
映像で実釣シーンを見てもらい、効率的に学べます。

そして釣れるテクニックが身についているからこそ、釣り場で楽しく釣れます。



ルアーで迷子になっているアングラーがたくさんいますね。

僕は巷で「ルアー名手」と呼ばれています。
あなたがルアー選びで迷子にならないよう、きちんとご案内しますから、安心して下さいね。



僕がこの講座で気をつけたことは、
あなたが自立して、自分の力でゲームを組み立てる力を身につけてもらう」ということです。

たとえば、あなたがシーバスをたくさん釣りたいと言って、プロガイドに釣り場に連れていってもらい、
この時期はあそこのポイントがよく釣れますよ」と教えてもらって釣れたとしても、喜びは半減ですよね?

しかもこの方法ではいつまでたっても、あなたが自分の頭でシーバスの位置を探し出す力が身につきません。

講座では、自分で考えて成長できる力を養って頂く方法を教えています。


メリット4 : プロの確かなテクニックと基礎がわかる!

基本的に、「釣れない人は基礎をどこか忘れている」と思った方がいいです。

そして、初心者にしてみれば「そもそも基礎は何か」という悩みをお持ちだと思います。

シーバスに関する雑誌や書籍はいくつも出版されていますが、今回のように僕のような
釣りプロが作ったシーバス通信講座はほとんどない現状
だと思います。

初心者の方にとって基礎は重要な部分ですから、僕自身、初心に立ち返って
自分の釣法を見直し、講座の制作にあたり「最も役に立つテクニックとノウハウ」を厳選しました。

初心者の方でもすぐに僕の技を身につけて頂けるよう、工夫をしております。
安心してついてきて下さい。



シーバスを狙うアングラーにとって、ランカーサイズを釣り上げることは最大の目標です。

ランカーを釣り上げるには、引きの強さと重量に耐えられるだけの強化タックル、
鋭いフッキングとランディングのテクニックが必要です。

そして巨大化した個体は群れではなく、単独行動を好むので、獲物に合わせた思考の切り替えが大事です。

講座ではランカーを狙うための仕掛けの作り方とノウハウを見ることができます。



シーバスの活性が悪いときでも、対処方法というのは、必ずそこに存在します。

僕がプロとしてどんな状況でも釣果を上げてきた秘密のノウハウを公開していますので、
「今日は本当にアタリが来ない…」という日でも、がっかりせずに試してみて下さい。

あなたをボウズで帰らせません。



これは、本講座の目玉とも言える部分なのですが、僕のルアー使いを、このたび出し惜しみせず映像で公開し、
あなたのものにして頂けるよう、様々なアクションをご用意しています。

ルアー使いは僕の専売特許みたいなものですから、正直を言えば、ここまで公開してしまうのは痛いかな、
という気持ちはあります。

将来の僕のライバルを育ててしまうようなものですね。

でも、うまくなる人は、放っておいてもうまくなります。
「門外不出」などと、セコイことはいいません。

自由自在に使える、僕のルアーテクをあなたのものにして下さい。

 

メリットを挙げ過ぎるとわからなくなってきてしまうので、このくらいにしておきます。


オカッパリ同好会の会長も絶賛!釣れば釣るほど楽しいシーバス

さて、本講座の受講生の一人から、嬉しいお便りが届いていました。

講座を活用され、見事にランカーを連釣されたそうです。
あまりに嬉しい内容でしたので、ご本人に直接コンタクトをとってしまいました。

彼がこの講座でどんなものを得たのか、ぜひ聞いて下さい。

インタビュー : オカッパリ同好会 会長 中川 敦さん

略歴:1981年、千葉県生まれ。
千葉県富津市在住。飲食店を経営。

地元で釣り好きの有志を集め、オカッパリ同好会を設立。

どんなに忙しくても釣りの時間だけは確保。
房総のきらめく海でランカーを連釣するのが目標。

釣り歴8年。

● 講座の受講後、自分の力を信じられるようになった

尊敬する紀州のマルチアングラー、山本さんが通信講座を作った、
ということで大興奮で講座に申し込みました。

山本さんのルアーテクニックを見られるんですから、最高ですよ。

映像は、何回も巻き戻して、見ています。

DVDじゃなくてテープだったら、すり切れてしまうくらい何度も見ました。
それくらい素晴らしい、ルアーアクションです。

それに山本さんが使用しているタックルが紹介されていたので、
すごく参考になりました。

自分が今使用しているラインの強度について十分か悩んでいたのですが、
山本さんの説明でランカーでさえ問題なく釣れるのがわかって安心しました。

ルアーについても『自分のルアーを育てる』という考え方にすごく共鳴しましたね。

私もルアーコレクターになってしまわないように、ルアーの数を
増やし過ぎないように気をつけています。

本当に使えるルアーは、意外に絞られますから。

講座は初心者にとっても親切な内容になっていたと思います。

僕の場合は基礎的な内容はおさらい程度のものでしたが、同好会の仲間も
まだ釣り歴1年の人がいますから、この講座を見て覚えるように勧めました。

何よりも講座の構成が、受講者の判断力を養う方向に向いていることに
感心しました。

釣りのことを色々とわかっているつもりでいた自分でも、

「ああ、ここがひょっとすると足りなかったんだな。
潮の流れがこうなったときは、このように対処するべきだったんだ」

とゲームの組み立て方を山本さんの思考から実地で教えてもらったような
気持ちになりました。

ゲーム理論というのが、シーバスで上達するためには外せません。

シーバスは特に、自分でゲームの組み立てを考えるのがキモですから、
実際の釣り場で「プロならどう考えるか」ということがわかると、
狙ったポイントに対して不安がなくなりました。

いつもの釣りであれば、「この考え方で本当にあっているのだろうか」と
自分の考えを疑うことが多かったのです。

でも、講座でプロのゲーム理論を学べたことは大きかったです。

今の自分の思考は、プロと同じ。
そう思えると、自分の力を信じられるようになりました。

● 夢や目標に向かって動く

私の場合、小学生の頃から「シーバスフィッシングをやりたい」と思っていました。

近所に釣り好きのおじさんがいて、たまに釣り場に連れていってもらったときに、
おじさんが巨大なランカーを釣って見せてくれたのが、子供心にも驚きでした。

それで高校生になって釣り具を買うためにバイトをして、ようやくタックルを
揃えたんですね。

当然、オカッパリです。
ボートなんて乗れるような身分じゃなかったから。

今では収入がありますから、ボート釣りにも行けますけど、基本的に
オカッパリが好きですね。

暇さえあれば波止場で釣ってましたから、釣り好きな人間と出会って、
名前も知らないのに『おう!』と挨拶するようになっていました。

釣り情報を交換していると、自然と仲良くなってしまうから結局、
同好会を作ってしまったんですよ。

ただのオカッパリ好きの集まりなんですけれどもね。

私の今までの目標は「ランカーサイズを連釣する」ことだったのですが、
実はこの講座のおかげで、すでに達成できてしまいました。

講座で学んだ山本さんのルアーアクションを試してみたのですが、
すぐに食いつきましたよ。

激しいリアクションバイトで、一度ヘタ打って逃がしてしまったのに、
活性が高いのかまたすぐにバイトして釣り上げることができました。

ポイントの選定が大当たりだったようで、そのポイントで様子を見ながら
ルアーチェンジすると、とうとうランカーを連釣してしまいました。

「ようやく、ランカーの連釣ができた!」

そう思うと、すごい達成感でしたね。

ランカーの激しいアタックと重みと引きは、釣ったことがない人には
わからないと思います。

あの強さは、50cm程度のシーバスとは比べ物にならないですね。

アングラーがランカーを探し求めるのも、より強い獲物とファイティングを
楽しみたいからだと思います。

私の次の目標は、同好会メンバー全員にランカーゲットしてもらうことですね。

皆がそのレベルになったら、次はトーナメントに…
なんて、夢や目標が尽きません。

● 逆境をプラスに変える力

シーバスは難しい、という印象を持っている人がいるかもしれませんけれども、
逆に簡単にザクザク釣れてしまうようなら、こんなに夢中にならないと思います。

餌釣りもやってみたことはありますが、ルアーフィッシングに一度慣れて
しまうと、もう元には戻れませんね。

受け身のゲームではなく、こちらから攻めるゲームの味を覚えたら、
ぼんやり待っているだけの釣りでは満足できなくなるはずです。

通信講座の中では、特に「釣れないときの対処法」という項目がありました
けれども、人間の創意工夫とか、知恵で乗り切る楽しさがあるから、
シーバスはこんなに楽しいんです。

たとえば、季節のせいで活性が低い、潮の流れが悪い、適切ではない
フィールドを選んでしまった、色んな悪条件が考えられると思うんですが、

「こうすれば釣れる」
「ここを変えればうまくいく」

という逆境だからこそプラスに変えていく力が問われるんですね。

釣りも、人生みたいなもので、今目の前にある問題をひとつひとつクリア
していく実践力があれば、おのずと道が開けていくと思います。

逆境があるからこそ、成長できるし、釣れたときの喜びと爽快感はひとしおです。

シーバスは本当に、釣れば釣るほど楽しい。

千葉の房総は、いい釣り場に恵まれていますから、シーバスのフィールドには
事欠きません。

私は釣りが生き甲斐みたいなものですから、ここに住んでいて天国のようです。

もし、次に新しい講座が発売されたら、また購入させて頂きたいと思います。
シーバスアングラーにとって本当に役立つ講座を、どうもありがとうございました。


…中川さん、こちらこそありがとうございました!

中川さんのように、真摯に釣りに向き合っているアングラーはどんどん成長されると思います。

僕の通信講座がお役に立っているようで、心から嬉しく思います。
釣り場でもし、お会いできたら、ご一緒にシーバスを釣りましょう!

中川さんがおっしゃっていたように、本講座では受講者が自分自身の判断力を磨けるよう、構成されています。

そして、シーバスの活性が悪い、潮の流れが止まった、などの逆境であっても、
問題に対処するための方法も教えています。

なぜ、僕が受講者の方に、自分でポイントを見つけられるように指導しているのか、おわかりでしょうか?

釣り場では、海と一対一。
信じれられるのは、自分の知恵と判断力だけです。

あなたの力そのものがフィールドで試されるからなのです。
そしてそれは、ゲームの楽しさそのものでもあります。

ゲームフィッシングの醍醐味を、この講座から学び取って下さいね。

そのほか、講座の先行販売で僕のテクニックを手に入れ、シーバスの魅力にどんどんハマっていっている
アングラーたちから、メッセージが来ています。

あなたも、ぜひ同じ喜びを手に入れて下さい。


受講生から、たくさんのメッセージが来ています!

この通信講座をすでにご覧頂いた方たちの声をお聞き下さい。
(多数の方々から感想を頂戴していますので、詳しくはコチラをご覧下さい。)

会社員/30代/男性

僕は山本さんの大ファンで、この講座を知ったときはいの一番に申し込みました。
山本さんが使っているルアーと同じものを揃えたいと思います。
内容も濃くて、すごく満足です。

自営業/20代/男性

ルアー名手の講座、というタイトルに惹かれて受講しました。
タイトルに違わず、ルアーのすべてがわかったような気がします。

アルバイト/20代/男性

おかげさまで、初めてランカーサイズが釣れました!
これまでボウズの連続だったので大感激です。
本当にありがとうございました!

大学生/20代/男性

書籍から得られる情報だけでは物足りなくなっていたときに
こちらを知り、早速申し込みました。
やはり映像で教えてくれるものは学びやすいですね。

OL /20代/女性

シーバス釣りって男性が多いですけれども、女だって釣りは結構好きなんです。
彼氏に負けたくなくてこっそり講座に申し込みました。
次回の釣りがすっごく楽しみです。

学生/10代/男性

マルチアングラーの山本さんに憧れてます。
シーバスのポイントの見つけ方とか、ルアーアクションが余さず紹介されていたので
大満足です!

主婦/20代/女性

主人がシーバス大好きで、この間、ボウズでしょんぼりしながら帰ってきたので
この通信講座をプレゼントしました。
今、食い入るように講座を視聴しています。


上記以外にも、ご購入者の皆様から続々とご感想を頂戴しています。
随時、追加していきますので、詳しくは、コチラをご覧下さいませ。

…いかがでしょうか。

現在、このように多くの方がシーバスを釣り上げ、震えるほどの感動を味わっています。

あなたがもし、

ランカーを釣ってみたい!
初心者だから、しっかりと基礎から教えてくれる講座で学びたい
プロのノウハウを教えてほしい

という気持ちがあるなら、あなたこそ、この講座をぜひとも受けてほしい方です。

ですが、ひょっとして、

講座を受けたいけれども、こんなすごい講座なら、お値段が…

そんなご心配をされていますか?

では、気になるお値段を見てみましょう。


通信講座のお値段ですが・・・

今回、本通信講座についての販売価格は、販売会社さんにすべてお任せして、僕は関わらないつもりでいました。

ですが、販売開始にあたり、担当の方から価格について僕に報告があったとき、ついつい口を出してしまいました。

…以上のような担当者とのやりとりのうえ、結局、14,800円という、本体価格に設定させて頂きました。

また、販売会社さんのご好意により、販売スタートを記念して、特別キャンペーン価格
さらに、14,800円 → 12,800円 でご提供が可能になりました。

なお、この12,800円というのは、公式販売スタートを記念した期間限定の特別キャンペーン価格になります。

一定数に達するか、もしくは一定期間経過後に元のお値段での販売となりますので、
お安くなっているうちに、ぜひともゲットしておいて下さい。

※ 販売キャンペーンは予告なく終了しますので、ご了承下さい。
  それ以降は定価での販売とさせて頂きます。

シーバスゲームを徹底攻略!ルアー名手、山本典史のシーバス釣りDVD講座

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。

決済について

【ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣講座】の代金は14,800円12,800円です。
【ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣講座】は送料は全て無料です。

ヤマト運輸or佐川急便の担当者が直接ご自宅までお持ちします。

12,800円でのご購入は、販売スタートキャンペーン期間内のみとなっております。

この特別価格はキャンペーン期間限定での特典ですので、本気でシーバスゲームを攻略したい方は、
お急ぎ頂くことをオススメします。

 ※ 販売キャンペーンは予告なく終了しますので、ご了承下さい。

なお、それ以降は定価での販売とさせて頂きます。

発送について

【ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣講座】はヤマト運輸or佐川急便の発送システムを使い、安全・安心にご自宅まで
直接お届けに参ります。

品名  : 「通信講座」
送り主 : 「合同会社ビジョン・プランニング」としてお送りいたします。

ご注文後、遅くても3営業日以内に発送いたします。

お客様の個人情報は保護されますのでご安心下さい。
配送は国内のみとなります。
受付は24時間365日可能となっています。

さらに、4つのプレゼントを用意しました!

実は今回、あなたに、4つのプレゼントをご用意しています。

あなたが本当に喜んでくれるようなプレゼントを、僕はあなたの気持ちになって考えてみました。

せっかく申し込んでくれる方に、笑顔になってもらえるお土産をあげたい。
ですから、僕があなたに差し上げられるものを、すべて出し尽くしてみました。

この特典だけでも、正直なところ、講座の本体価格分の価値があると思います。

ぜひ、受け取って下さい。

山本典史が答えるシーバスQ&A DVD+書き起こしPDF

初心者や腕がだんだん上達してきたアングラーが
抱く疑問に、僕の経験から回答しているDVDと
書き起こしPDFです(63ページ)。

過去に実際、たくさんのアングラーから同じ質問を
されたことがあります。

パート1からパート3まで、数々の質問にお答えして
いますので、あなたが悩みや壁にぶつかったときに見直して頂ければ、役に立つ回答がきっと
あるはずです。
※なお、DVDは本編と同じパッケージ内に、書き起こしPDFは冊子マニュアル内にございます。

Part1.【港湾でのシ-バス釣り】 
  1. 港湾シ-バス釣りのベストシ-ズンはいつ頃ですか?
  2. テクトロにやり方やコツってありますか?
  3. 港湾シ-バスと外海シ-バスとは、どう違うのですか?
  4. 居着きシ-バスって、本当にいるのですか?
  5. 大きいサイズのシ-バスは、どうしたら釣れますか?
  6. シ-バス釣りには、小さなルア-が有利なのですか?
  7. 使うルア-に特徴はありますか?
  8. ショ-トバイトが取れないのですが、いい解決策はありますか?
  9. 狙い目となるポイントはどこですか?
  10. バチ抜け時のルア-は、どういったものを使えばいいですか?
  11. 港湾に入ってくるタイミングはいつ頃ですか?
Part2.【サ-フ・河口でのシ-バス釣り】
  1. 回遊シ-バスは難しいのでしょうか?
  2. 遠浅サ-フでの狙いとしては、どうすればいいですか?
  3. 急深サ-フでの狙いとしては、どうすればいいですか?
  4. サーフの上げ潮と下げ潮、どちらがいい?
  5. 河口での狙いは、下げ潮狙いですか、上げ潮狙いですか?
  6. いいサ-フと悪いサ-フの見分け方ってありますか?
  7. 流れ出しの規模とシ-バス回遊率とは関係があるのですか?
  8. サ-フでのベイトは何でしょうか?
  9. 河口でのベイトは何でしょうか?
  10. リトリ-ブはただ引きが効果的ですか?
  11. 大潮って、本当にベストな潮周りなのでしょうか?
  12. 泥濁りは好条件ですか、それとも悪条件ですか?
  13. 回遊シーバスには、季節ごとのパタ-ンはありますか?
Part3.【リバ-でのシ-バス釣り】
  1. リバ-シ-バスは簡単に釣れますか?
  2. リバ-シ-バスは、どんなタイミングで狙えばいいのですか?
  3. リバ-シ-バスのポイントは、どんな場所でしょうか?
  4. 標高差のある川とない川の違いはなんですか?
  5. ダウンクロスかアップクロス、この釣り方の利点は何ですか?
  6. 立ちこんで釣るときの注意点ってありますか?
  7. 誘って食わせるにはどうしたらいいのですか?
  8. スレている個体を食わせるにはどうしたらいいでしょうか?


山本典史の現場アドバイス     Priceless

僕は基本的に和歌山県周辺で釣っていますが、
ロケなどで結構いろいろな地域にも行きます。

さすがに全員にこの特典を活用して頂けるとは
思いませんが、釣り場で僕を見つけたら、
「みっけ!」とお喜び下さい。

僕が現場でアドバイス致します。

地域限定の特典となってしまいますが、釣り場で僕を見かけたら、『通信講座、申し込みました!』
って声かけて下さいね。

ロケ中などは難しいですが、タイミングが合えば、僕が色々とアドバイスさせて頂きますよ。

ルアー使いは実地で見て真似てもらう方が、上達も早いですからね。
通信講座が映像主体なのも、「見て覚えてもらう」のが一番早いからです。

お気軽に声をかけて下さい。

※ 通信講座のお申し込みが対応しきれないほど多くなった場合、本特典は終了する可能性が
  あります。



シ-バスゲーム攻略マニュアル

「初心に戻りシ-バス釣りの基礎から
 応用までを学ぼう」

というコンセプトで仕上げていますので、初心者の
方は特に参考になるのはもちろんのこと、中級者、
あるいは上級者の方も、忘れていた大事なことを
思い出す、いいきっかけになるでしょう。

シ-バス釣りの基礎知識から習得しておくべきテクニックまで、全体の釣りの流れを押さえる
ための愛蔵版マニュアルです。

『DVD通信講座(DVD+冊子マニュアル)』と合わせてご活用下さい。

こちらはPDFファイルをダウンロードして頂く形となります。

『春のデイゲーム実釣編DVD~シーバスのバチ抜け攻略法!』無料プレゼント!

この特典4では、
「さらにステップアップを目指したいなあ」
と、向上心がある、あなたへのものです。

本編DVDでガチッと基礎を固めた後には
こちらのDVDで、さらにその技術が
活きてくるのではないでしょうか。

内容については、あえて触れませんが、
あなたにとってプラスになるのは間違い
ありませんので、ご期待下さい。

きっと、アドレナリン出まくりだと思いますよ!

到着まで待っていて下さいね!!

※現在制作中ですので、今しばらくお待ちください!


…以上の4つの豪華特典、いかがでしょうか?

僕が今、あなたに提供できる最高のものを、この講座では詰め込んでいます。

そして豪華特典も『おまけ』という位置づけではなく、ひとつひとつ、頭を絞って僕が考えて
「あなたが必要とし、喜んでくれるもの」を作りました。

これが、『あなたに上達してもらい、心からシーバス釣りを楽しんで欲しい』という
僕の気持ちです。

受け取ってもらえたら、幸いです。


よくあるご質問にお答えします。

シーバス釣りはとても難しそうなんですが、
私のような初心者でも釣れるようになれますか?

はい、大丈夫です。

シーバス釣りはゲームフィッシングの代名詞になっているほど面白く、
そしてしっかりとしたテクニックと判断力が求められる釣りです。

本講座では中級者だけではなく、初心者でもすぐにわかるテクニックやコツを
披露していますので、独学では得られない知識やテクニックを学べます。

ルアー選び、ラインの結び方、キャスト方法など、基本的なことを細かく
指導していますので、釣るためのテクニックをしっかり覚えて頂けます。

ご安心下さい。


シーバスはキャッチ&リリースしなくちゃいけないんですか?

シーバスは日本の「スズキ」という魚のことですので、特に規制はありません。

食べても美味しい魚ですので、持ち帰って料理するのも良いでしょう。

ただ、多くの釣り人がシーバスを連釣しているので、シーバスの個体数が
確実に減少しつつあります。

将来もあなたがシーバスで釣りを楽しむために、できるだけ傷つけずに自然に
リリースしてあげるといいと思います。


シーバスを狙っていても、ほかの魚が釣れてしまうことはありますか?

ルアーフィッシングの対象魚であれば、釣れてしまうことがあります。
地域にもよりますが、ヒラメ、メッキ、シイラ、マゴチなどが釣れてしまうことが
あるようです。

食べないようでしたら、優しくリリースしてあげましょう。


シーバス釣りの大会やトーナメントはどうやって参加するのでしょうか?

地元のバス釣り会やNPOの主催するトーナメントが一般的です。

JB日本バスプロ協会・NBC日本バスクラブで定期的にトーナメントを行っているので、
問い合わせてみるといいでしょう。


シーバス釣りのどんなところが楽しいのでしょうか?

シーバス釣りのようなゲームフィッシングでは、魚の習性を熟知し、
どこのポイントに生息しているのかなど、頭を使って楽しむ釣りです。

そのため、自分の読み通りのポイントにいるシーバスを釣り上げる楽しさや、
ランカーサイズと呼ばれる巨大な魚を釣って、引きの強さや達成感を味わえます。

なお、餌釣りとは違い、シーバス釣りでは何度もキャストする必要があります。

キャストごとにアタリが来るかもしれない、という緊張感も、愛好者にとっては
ゲームの一つです。

また、近所の波止場など、比較的身近なフィールドで気軽に楽しめることも
魅力の一つになっています。


ぶきっちょなんですが、ラインを結ぶ自信がありません…。

初心者の方は、仕掛けの作り方で躊躇される場合が多いようですね。

そのため、本講座では山本名手にお願いをして、簡単なラインの結び方について
映像でしっかりと撮影しております。

指先の動きが見えるように撮影しているので、覚えるまでじっくりとご覧下さい。

DVDであれば、あなたが覚えられるまで何度でも再生できるので安心です。


デイゲームとナイトゲームがあるようですが、どちらがいいんですか?

シーバスは基本的に夜行性なので、ナイトゲームの方が有利です。

しかし、デイゲームでももちろん釣れますので、どちらがいいとは言い切れません。


シーバスは一年中、釣れるんでしょうか?

はい。シーバスは一年を通して釣れる魚です。

しかし、春夏秋冬により活性が違いますので、季節ごとに釣り方を変える必要はあります。


この講座ではどこでシーバスが釣れるのか、教えてもらえるんですか?

シーバスが釣れるポイントについて講座では、『○○市のどこで釣れます』という
ご案内はしていません。

ですが、あなたがどの地域にお住まいであっても、お近くのフィールドであなた自身が
「シーバスはこの季節にこの周辺に来て、あの辺りに生息している」という
予測を立てられるように、ポイントの見分け方をお教えしております。

ご自身でポイントを探り当てることもゲームフィッシングの醍醐味の一つですので、
焦らずに学んで下さい。


シーバスって美味しいんですか?

シーバスは美味しい魚です。

ただ、河口付近や川で釣ったシーバスは皮が泥臭く、臭いがキツいので皮を剥いでから
調理するといいでしょう。

多くの方は、アライにしたり、ムニエルや天ぷらなどで料理を楽しんでいるようです。

なお、食べるために釣ったシーバスはその場で血抜きを忘れないようにしましょう。


シーバスってそもそも何の魚なんですか?

シーバスは日本に昔からいる「スズキ」のことです。
和製英語ですので、英語圏の方に説明する場合は、「ジャパニーズ・シーバス」
と言うと誤解を招かないでしょう。

なお、スズキは厳密には3種類あり、それぞれ
「マル(普通のスズキ)」「ヒラスズキ」「タイリクスズキ」がいます。


シーバス釣りは安全でしょうか?

シーバス釣りは、主にサーフや波止場、ボートなど海で行う釣りですので、
安全には十分な配慮が必要です。

釣りに夢中になっていると、海に落ちてしまう可能性もあるので、ライフジャケットの
着用が必要です。

また、岩場は滑りやすい場所が多いので、スパイク付きのシューズをご用意下さい。

釣行の際には、事前にフィールドの下見や情報収集を行っておくことをお勧めします。

天気予報で強風が予測される日は危険ですので、できれば避けて下さい。


シーバスはなぜ本物のエサではなく、ニセモノのルアーに食いつくのでしょうか?

シーバスは近眼で、獲物に近づかないとはっきりとピントが合わないようです。

そして好奇心旺盛な魚なので、見慣れないものを見ると、とりあえず食いついてみる
習性があり、「リアクションバイト」と呼ばれる反応をします。

そのため、ルアーに生き物のようなアクションを加えて、シーバスの目の前を泳がせる
ことで、エサと認識して食いつくのです。

これは上記のような反射的なもののほかに、縄張りを守る攻撃性によることもあります。

講座ではこのようなシーバスの習性を詳しくご説明しておりますので、様々な疑問を
解決できるはずです。


道具一式を揃えると、かなり高いのでしょうか?

タックル選びはお金をかけると、きりがありません。

ルアーは様々なメーカーから何十種類と発売されていますので、揃えようと思えば、
いくらでもお金をかけられます。

ですが、高いものを選べば釣れるというものでもありません。

講座では、山本名手がお勧めするラインやロッド、ルアーの特徴についてもご紹介して
おりますので、それを参考にショップで買いそろえてみて下さい。


女性でもシーバス釣りはできるのでしょうか?

大丈夫です。

しっかりとしたタックルを使用していれば、ランカーサイズを釣り上げることも可能です。

現に、多くの女性バサーがシーバス釣りを楽しんでいます。

シーバスは大変引きの強い魚なので、最初は驚かれるかもしれませんが、
本講座のテクニックがあれば、腕の力の有無に関わらず釣り上げて頂けます。


シーバス釣りでマナーや注意点はありますか?

海での釣りは、基本的に危険が伴うことを忘れないようにしましょう。

凪いでいるように見えても、突然大波が来ることもありますので、ライフジャケットと
着替えは必須です。

また、当然のことですが、ごみは必ず持ち帰って下さい。
タバコのポイ捨ては厳禁です。風に飛ばされないように注意しましょう。

一部の心ない人の行動により、釣り人全体が非難される原因を作ることにもなります
ので、ルールを守り、釣り場を綺麗に使うよう心がけて下さい。


主に初心者にわかりやすい内容の講座ということですが、中・上級者には
あまり役に立たない内容なんでしょうか?

本講座は初心者や中級者を対象に、基礎的な技術をひととおり覚えて
ノウハウを活用できるように構成されております。

ですが、ルアー名手と呼ばれる山本プロのルアー使いや、ランカーサイズを狙うコツ、
その他プロの使っているテクニックは、レベルを問わずに参考になる点がたくさん
あります。

講座を受講されることで、さらなるレベルアップが図れるでしょう。


インターネットを通しての購入が不安です。
それに、教えてくれる内容には本当にそれだけの価値があるんでしょうか?

インターネット販売の詐欺事件が新聞をにぎわすこともあり、ご不安を感じられている
かもしれませんね。

個人情報については厳重に管理・取り扱いをしておりますので、インターネット販売でも
安心してご購入頂けます。

また、今回ご提供する通信講座では、ルアー名手と呼ばれる釣りプロが披露する
知識とテクニックの集大成です。

山本名手は高いテクニックと実績が要求されるダイワのフィールドスタッフとして
活躍しており、そのルアーテクニックは業界でも『変幻自在』と評されるほどの腕前です。

名手のルアー使いに魅せられたコアなファンにとっては何にも代え難い情報でしょう。

もちろん、名手のことをご存知ない方にとってもお値段以上の価値がある内容に
なっています。


個人情報保護はどうなっていますか? セキュリティはしっかりしていますか?

個人情報保護法に則り適切な管理をしておりますので、ご安心下さい。

お客様のプライバシーを第一に考え、お申し込みの際に入力された個人情報は、
厳正な管理の下で安全に保管致します。


商品を送ってもらう際、商品名は何て書いてありますか?
また、配達日時の指定はできるんでしょうか?

はい、大丈夫です。
商品名は一切記載されません。

「通信講座」という名称でお送りさせて頂きます。

また、注文の際、備考欄に希望の日や時間帯などをご記入できますので、
配達日時のご指定も可能です。


シーバスゲームを徹底攻略!ルアー名手、山本典史のシーバス釣りDVD講座

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。


【追伸1】『運』ではなく『計算通り』に釣れるアングラーへ

シーバス釣りゲームフィッシングであり、待つ釣りではなく、こちらから仕掛けて行く攻撃的な釣りです。

シーバスもそれに応えるかのように、バイトした後のルアーへのアタックは激しく、
ランディングまでの攻防はまさしく手に汗握るものがあります。

だからこそ、ゲーム性が高く、多くのアングラーが夢中になっています。

こんな興奮は、ほかのゲームでは得られない

シーバスが全身を奮わせて勇猛に暴れる姿は、あなたに興奮と感動をもたらし、
きっとこのように思われるはずです。

僕自身、自分の人生を振り返ってみても、これだけのドキドキワクワク感をくれるものは釣りの他に考えられません。

何年経っても変わらない感動と新鮮さがそこにあります。

そして、きちんとしたテクニックがあれば、どなたにでもこの感動を分かち合って頂けるのです。

何度か、繰り返し強調していますが、シーバス釣りで上達するためには
『運』ではなく、『計算通り』に釣れるアングラーに成長する必要があります。

シーバスは『運』のみで釣れる魚ではないからです。

講座では、あなたが自身でゲームを作る力を身につけるよう、僕のテクニックを
余すところなく公開し、アングラーとして成長できるように工夫を凝らしています。

あなたが釣り場で見事にランカーを釣り上げ、「計算通り」とニッコリ笑って頂くことを
想像しながら、僕は講座を作り上げました。

ぜひ、その瞬間を写真に収めて、僕に見せて下さいね。

いよいよあなたが実際のフィールドに立ったときには、通信講座で学んだことが必ず役に立つはずです。

僕がお見せしているルアーアクションをマスターすれば、あなたも自分の思い通りに
シーバスを泳がせ、変幻自在の動きでリアクションバイトさせられるでしょう。

冷静で正確なゲームの組み立て
さらに、確かなキャストルアーアクションフッキングランディング

この4つのテクニックを学んだあなたなら、ランカーを釣り上げる日もそう遠くはありません。

あなたがランカーを釣り上げ、望む釣果を得られたとき、僕のミッションは初めて終了します。

あなたに最後にお願いしたいのは、「ゲームを楽しんで下さい」ということです。

テクニックのことばかりお話してしまいましたが、テクニックを身につける目的は、
そもそもゲームを楽しめるようになれるからです。

あなたは僕のような釣りプロではありませんから、趣味として、心ゆくまで、純粋にゲームを楽しんで下さい。

正直申し上げると、純粋な趣味としてゲームを楽しめるあなたがうらやましくもあります。

ですが、シーバス釣り、というゲームで楽しむ気持ちは僕もあなたも一緒です。

僕が今、そうしているように、シーバスとのファイトを心から楽しみ、釣りを愛する喜びを知ってもらうこと。

それが講座を作った僕の願いです。


理由

【シーバス】 爆釣動画サンプルはコチラから
お名前(姓)
メールアドレス


登録後、メール講座という形でシーバス爆釣のための秘密を、
動画付きでお届けしますので、どうぞご期待下さい!!!

【追伸2】そこに海があるから、釣りに行く

僕が釣りを始めたきっかけは、今ではもう思い出せません。

たまに、『釣りが好きになったのはどうしてですか?』と聞かれることもありますが、
僕としては「そこに海があるから」が答えになっています。

デスクワークが重なって釣りに行けないときなどは、ストレスが溜まって、
どんなに忙しくても時間を無理矢理作って釣行に出ます。

家族サービスも考えなくてはいけませんから、毎日は超多忙です。

そして僕は、釣り関係の執筆のお仕事をよくもらっているので、締め切りに追われても
いますが、締め切り寸前でも釣りがしたくなるし、釣りをした次の日も釣りに行きたくなるし、
自分でも『病気やな…』と思うことがあります。

でも、どれだけしんどいスケジュールでも、釣りをしている時間は僕の『ハッピータイム』です。

釣りをしているとき、海と魚と自分の間で密度の濃い時間を過ごしてます。
キャストを繰り返していると、無心になってしまいますね。

魚を釣り上げるのは、ほんの一瞬のことなんですが、その瞬間に至る道程と、
プリプリした魚の迫力の生命力の凄さとか、ヒットしたときのゾクッとする快感なんかは、
本気で中毒性があると思います。

僕にとって、これ以上の面白いゲームは存在しないですね。

このように『好き』が高じて釣りプロとして活動をしていますから、
僕が無名のアングラー時代から知っている人からは『好きを形にした男』などと呼ばれることもあります。

確かに自分でも釣りをライフワークにできたのは幸運なことだし、おかげさまで
他のどんなことよりも毎日がイキイキとして楽しいです。

釣りがなかったら、つまらない男になっていたかもしれないです。

しかし、『好き』なことをライフワークにするには、それなりの覚悟も必要でした。

趣味や遊びで釣るのとは違いますから、どんな状況下においても必ず釣果をあげなくてはなりません。

釣り業界は実績のある者だけが高く評価される厳しい業界です。
釣果のない釣りプロは、プロを名乗る資格がないからです。

たとえ釣りテクを磨き、腕に自信があっても、自然を相手にする以上はそこに「絶対」はないのです。

誰が竿を振っても釣れないような自然状況でも、プロとして最低限の釣果を残さなくてはならない。

このプレッシャーは僕と同じ釣りプロの方にしかわからないでしょう。

趣味で釣りをしていた時代が懐かしい…そう思うこともよくあります。

ですが、これらのプレッシャーと闘うことも、僕の仕事の一つだと思っています。

僕は父親として家族を守る責任があるし、マルチアングラーという名声、
釣りプロとして常に結果を出さなくてはならない、という
何重ものプレッシャーを背負いながら釣りに挑み、今の地位を築きました。

厳しい立場ではありますが、だからこそ一般のアングラーが持っていない嗅覚が
身についたし、数々の役に立つテクニックをあなたに教えることができるのです。

シーバスはランカーサイズが一度でも釣れたら、やみつきになってしまう釣りです。


シーバスゲームを徹底攻略!ルアー名手、山本典史のシーバス釣りDVD講座

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。